SNSのフォローバックでフォロワー数を増やす作戦を実行してみた


サイトの収益化に向けて、まず相応のユーザーを獲得する必要があります。

そのためには、継続的に訪問してもらうための有益なコンテンツを提供することが最も重要ですが、同時に世の中に認知させるための広告活動も重要です。

サイトの基本構造は出来上がったので、これからは本格的な広告活動をしていきたいと思います。

うまとみらいと 【広告】ODINおすすめの競馬予想サイト

目標は、月間50万PV

アフェリエイトビジネスでの収益化を第一に考えた場合、どれくらいのユーザーを獲得する必要があるのでしょうか?様々なアフィリエイト成功者の動画を見て、この1年間の目標を月間50万PVと設定しました。そのためには、日に1万~2万人のユーザーが訪問するサイトに成長させる必要があります。

他の競馬情報サイトを拝見すると、国内最大の競馬情報サイトである「netkeiba.com」が毎月約3000万PV。「netkeiba.com」にいる競馬ファンの60人に1人が訪れてくれれば、達成できる規模です。

どれだけ大変なことなのか、まだあまりイメージできていませんが、とにかく頑張ってみたいと思います。

SNSのフォローバックを狙った広告活動

そのための第一歩として、まずはSNSを使ったPRから始めてみます。そこで、本サイト用のTwitterとInstagramを開設しました。

twitter

instagram

★★応援してくれる方は、是非フォローをお願いします★★

とりあえずは、ひたすら競馬好きと思われる人をフォローすることから始めました。SNSの運営ポリシーには反しますが、いわゆる「フォローバックでフォロワーを獲得し、サイトをPRする作戦」です。

対象は「JRA」「netkeiba.com」「競馬新聞」の公式アカウントをフォローしている人、「競馬」や「UMAJO」で検索すると出てくるアカウントなどで、それぞれ1日100名程度を目標に、フォロー活動を実施しました。

1か月間フォローした成果

SNSフォロー数推移202004

2020年4月1か月間、空いている時間にフォローボタンを押しまくり、約4500名以上をフォローし、871名のフォロワーを獲得しました。およそ5人に1人がフォローバックをしてくれた計算になります。

なお、ひたすらフォロー活動をしていると、SNSの運営ポリシーの違反と見なされ、一時的に機能制限がかかります。僕の場合は、Twitterで3日間フォロー活動が制限される処置が2回、Instagramで1日投稿もフォロー活動も制限される処置が2回発生しました。やはり、あんまり良くない行為みたいですね。

フォロー活動において機能制限がかからないラインは、1回につき20人~30人1日につき3~5回程度かと思います。

なお、1アカウントでフォローできるのは、現在Twitterで5000名、Instagramで7500名までと上限が決められているようです。フォローを解除するのも色々と不都合がありますので、このやり方で獲得できるフォロワー数は、最大2500人程度かなと踏んでいます。

PV数は3倍くらいに増えました

GA202004

1日の訪問者数が30名~60名くらいになり、1日のPV数は100を超えるようになりました。情報サイトしてはまだまだ脆弱ですが、1か月間で3倍くらいになった計算になります。

月間PV数は、まだ3000程度。50万の目標に対して、達成率は0.6%です。

先が遠すぎるので、5月は、多少お金を使った広告活動をしていきたいと思います。


サイトの製作過程を公開する理由はこちら


【広告】ODINおすすめの不動産投資会社!ODINが最も勝っている投資です!